【ジンゲロールとは?】生姜(しょうが)における役割と効果・効能をご紹介!

ジンゲロール(Gingerol)とは生姜(しょうが)に含まれる微量成分です。微量ではありますが生姜の特徴である辛味の要素の一つがジンゲロールです。また、ジンゲロールは生姜の効果・効能における重要な薬効

続きを見る

生姜(しょうが)の概要

生姜(しょうが)は東南アジア原産の多年生の植物の根です。栄養的にはあまり期待できませんが、独特の辛味と香りに高い薬効があります。 辛味成分のジンゲロンやショウガオイルには強い殺菌力があります。昔から

続きを見る

生姜(しょうが)の種類

まず、ひとことに「生姜(しょうが)」といっても、実はいろいろな種類がある。世界には、500種以上もの品種があるといわれている。 普段、青果店やスーパーなどでよく見かける生の国産生姜は、古くから日本で

続きを見る

生姜(しょうが)の保存方法

生姜(しょうが)を保存するときは、表面を乾かしてからラップ材などで包んで、冷蔵庫の野菜室へ。10度以下の温度で保存すると約1か月は持つといわれている。 生姜(しょうが)をすりおろした状態で冷凍保存す

続きを見る

生姜(しょうが)の注意点

こんな人は生姜(しょうが)の摂取を避けてください。 世界中で副作用の報告もなく、日常的に長く食べられてきた歴史のある生姜だが、次のような症状のある人は、生姜を食べるのは見合わせたほうがいい。 体

続きを見る

生姜(しょうが)の必要摂取量

生姜(しょうが)はあくまでも食材であって、薬ではない。1日の摂取量がはっきりと決まっているわけではないのだ。刺激の強い食材なので、一度に大量に摂るのは避けたほうがいいだろう。 乾燥生姜パウダーの場合

続きを見る

no image
【ジンゲロールとは?】生姜(しょうが)における役割と効果・効能をご紹介!

ジンゲロール(Gingerol)とは生姜(しょうが)に含まれる微量成分

no image
生姜(しょうが)の概要

生姜(しょうが)は東南アジア原産の多年生の植物の根です。栄養的にはあま

no image
生姜(しょうが)の種類

まず、ひとことに「生姜(しょうが)」といっても、実はいろいろな種類があ

no image
生姜(しょうが)の保存方法

生姜(しょうが)を保存するときは、表面を乾かしてからラップ材などで包ん

no image
生姜(しょうが)の注意点

こんな人は生姜(しょうが)の摂取を避けてください。 世界中で副作用の

→もっと見る

PAGE TOP ↑