生姜(しょうが)の保存方法

生姜(しょうが)を保存するときは、表面を乾かしてからラップ材などで包んで、冷蔵庫の野菜室へ。10度以下の温度で保存すると約1か月は持つといわれている。

生姜(しょうが)をすりおろした状態で冷凍保存することも可能だ。密閉式のビニール袋などに入れて平らにし、ハシの背などで縦横に線を入れておくと、使う分だけ割って使えるので便利だ。千切りやスライス、みじん切りの生妻も同様に冷凍保存できる。

薄切りにした生妻を甘酢や梅酢、ハチミツ、しょうゆなどに漬けておく方法も手軽で長持ちする。

また、生姜(しょうが)をすりおろすときは、セラミック製のおろし器を使うとラクだ。力を入れなくても筒単におろせるし、安全だし、洗うのも簡単だ。

生の生姜をすりおろしたり、刻んだりするのは面倒という人は、生姜を乾燥させて粉末にした生姜パウダーや、チューブ入りの生姜を活用するのも手。職場などに”置き生姜〃をしておいて、飲み物などに入れたり、毎日持ち歩いて外食の際などに使ったりするのにも便利だろう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

no image

生姜(しょうが)の注意点

こんな人は生姜(しょうが)の摂取を避けてください。 世界中で副作用の報告もなく、日常的に長く食べら

記事を読む

no image

生姜(しょうが)の概要

生姜(しょうが)は東南アジア原産の多年生の植物の根です。栄養的にはあまり期待できませんが、独特の辛味

記事を読む

no image

生姜(しょうが)の必要摂取量

生姜(しょうが)はあくまでも食材であって、薬ではない。1日の摂取量がはっきりと決まっているわけではな

記事を読む

no image

生姜(しょうが)の種類

まず、ひとことに「生姜(しょうが)」といっても、実はいろいろな種類がある。世界には、500種以上もの

記事を読む

no image
【ジンゲロールとは?】生姜(しょうが)における役割と効果・効能をご紹介!

ジンゲロール(Gingerol)とは生姜(しょうが)に含まれる微量成分

no image
生姜(しょうが)の概要

生姜(しょうが)は東南アジア原産の多年生の植物の根です。栄養的にはあま

no image
生姜(しょうが)の種類

まず、ひとことに「生姜(しょうが)」といっても、実はいろいろな種類があ

no image
生姜(しょうが)の保存方法

生姜(しょうが)を保存するときは、表面を乾かしてからラップ材などで包ん

no image
生姜(しょうが)の注意点

こんな人は生姜(しょうが)の摂取を避けてください。 世界中で副作用の

→もっと見る

PAGE TOP ↑